スポンサードリンク

2018年07月30日

奥日光湯元温泉 おおるり山荘 夕食バイキング【壮絶なバトル( ゚Д゚)1泊2食+酒飲み放題5,324円〜】

IMG_1131.JPG


栃木県奥日光にあるおおるりホテルグループ「おおるり山荘」に宿泊してきたので夕食バイキングをレポートします。おおるりとは1泊2食+酒飲み放題5,324円〜という日本一激安で知られるホテルグループ。夕食バイキングは17:30〜18:40まで。

このホテルに宿泊する人たちは激安を好む層でして、高級ホテルに宿泊している人たちとは明らかに層が違う。高級ホテルに泊まっている人たちとは思考も行動も相入れないと言っておきます。

IMG_1289.JPG

開始10分前に並んだのに100メートルほどの行列・・・。普通のホテルなら開始10分前と言えば先頭を余裕でとれるか、先頭集団のはず。なんでこんなに並んでいるん? ありえねえ。どんだけ〇えているんだ?


とはいえ、いやー流石だわ。激安の中でも更なる激安を求める選りすぐりの戦士たちが集う戦場なだけある。今回のバトルフィールドは激戦が予想される。果たして生きて帰れるか・・・。


IMG_1291.JPG

果たして席はとれるのか?( ゚Д゚)  

とはいっても席はホテルの客室の指定席なんだけどねw

IMG_1312.JPG

皆判断早いわ。席には目もくれず一目散に料理に群がる。さすがエリート戦士たち。

IMG_1292.JPG

焼きそば、麻婆豆腐、ロールキャベツ、山菜煮、カレー。

IMG_1322.JPG

サラダ、鶏肉サラダ、プチケーキ、バナナ、オレンジ。

IMG_1308.JPG


うぉぉお!刺身が速攻で身ぐるみはがされる。およそ20秒でまっ皿・・・。鮪、タコ、サーモン。おおるりで赤い鮪が出るなんて奇跡に等しい(おおるりの鮪はピンクが定番)。みんなの箸が伸びる先は赤の鮪。赤の無くなるスピードは異常。あっという間になくなる・・・。

IMG_1295.JPG

肉団子、鶏のから揚げ、枝豆、フライドポテト。


IMG_1321.JPG

漬物類、春雨、こんにゃく。

IMG_1296.JPG

おおるり定番のもつ煮。おおるりのもつ煮は正直あまりおいしいと感じない。


IMG_1300.JPG

味噌汁。

IMG_1302.JPG

アイスクリーム。

ドリンク

IMG_1301.JPG

ジュース。夕食バイキングのみ。朝バイキングではジュースサーバーを閉鎖するのがおおるりグループ。

IMG_1324.JPG

クリアアサヒ。

IMG_1299.JPG

熱燗。


IMG_1297.JPG

ハイボール、レモンサワー。

このホテルのアルコールコーナーは完全セルフですね。OKOKそのほうが利用しやすい。

IMG_1311.JPG

お皿に十分盛った段階で席へ。

IMG_1316.JPG

席は指定席。各席に何かが置かれている。

IMG_1329.JPG

カモ肉と野菜素麺。

IMG_1319.JPG

こんな感じで盛りました。激しいバトルだったので、料理の汁が隣の陣地に侵食しまくりw


IMG_1331.JPG

ここでアナウンス。「ただいまから串焼きが提供されます。1度のみの提供となります」。

その瞬間だった。座っていた群衆たちが一斉にたちあがり一目散に獲物に飛びつく光景を見た・・・。なんだろうこれ? 蜘蛛の子を散らすという言葉があるが、まさに蜘蛛の子が集まるという感じ。バルゴのシャカいわく「死肉に飛びつく餓鬼のようだ」・・・。

IMG_1332.JPG

獲物がなくなるまで20秒はかからなかった。この惨状で串カツを手にできなかった人も大勢いるに違いない。私は幸いにゲットした。

IMG_1330.JPG

最初から最後まで会場はヒートアップしまくり。

IMG_1327.JPG

目玉の赤身の鮪。

IMG_1326.JPG

おおるりのカレーは美味しいので知られている。ワインもあります。

奥日光湯元温泉 おおるり山荘 大浴場レポート⇒こちら
奥日光湯元温泉 おおるり山荘 朝食バイキングレポート⇒こちら
奥日光湯元温泉 おおるり山荘 宿泊レポート⇒こちら




総論:バトルタイムは17:30〜18:40まで。1時間10分という短さ。一時はどうなるかと思ったけど、戦場から無地生還しました。とくに串カツと赤鮪の争奪戦は過酷を極めた・・・。アルコール飲み放題はスタッフに注いでもらう形式から、完全セルフ方式になっていてむしろそっちの方が好みなのでこの変化には拍手を送りたい。

料理は、目玉料理の串カツ、赤鮪、カレーがなかなか美味しかった。それにしても前回利用した時よりも料理の種類が増えてクオリティーアップが図られている印象。

1泊2食+酒飲み放題5,324円〜。おおるりのバイキングは酷評されることが多いけど、値段が値段なんだし値段によって評価を分けるべきだと思います。この値段で考えるならかなり頑張っていると言えるんじゃないでしょうかね。むしろ、5000円台で酒飲み放題を付けつつ、この夕食バイキングの内容は異常ともいえる。このホテルは温泉もいいし料理もなかなかですね。おすすめです。

総合:★★★★☆ 系列ではトップクラスの内容。席は指定席。会場が混み一時的に補充が困難になる。行列ができないように料理が分散されて置かれているのはよく考えられているなと思う
品数:★★★☆☆ そこそこある
品質:★★☆☆☆ 刺身、串カツが美味しい




posted by バイキング馬鹿一代 at 18:06| Comment(1) | 栃木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1月23日奥日光おおるり山荘一泊。現在GoToトラベル停止以降、1,2月は基本土日のみ(土曜1泊)のみ営業。コロナ対策の結果バイキング無、フルーツサラダバー(パイナップル、ハネデューメロン、キャベツとレタスの千切り、ヨーグルト(寒天なし、ヨーグルトのみ)、山海月の佃煮のみ)、海鮮汁(しんじょ、タラ、ホタテ、白菜、ネギ)、みそ汁、白米だけお代わり自由。その他はパッと見低価格旅館の食堂出し和食そのもの!土曜なので全員自動的に海鮮プラン\6600。但しHPの記載内容8割無視。海鮮プランのアワビ又はロブスターと刺身三点盛以外はABCからそれぞれ1品の組合せ(うな重、牛朴葉焼き、海鮮鍋はカニを除いて大鍋でおかわり自由)。バイキング17品は上記5品+海鮮汁のみで他は個別に普通に盛られて各テーブルいっぱいに並べられていた。天ぷら4品、鴨肉パストラミ6切玉ねぎ添え、ラフティとカボチャ煮、小松菜煮浸し。おおるり定番は基本無。みそ汁もご飯と同じジャー提供。白菜豆腐油揚げの具沢山。アルコールはワンドリンクのみ、追加は1杯\100。ソフトドリンクは自由。海鮮汁が旨く人気。具沢山で最後まで補充切らさず。
(エビチリ、から揚げ、もつ煮、カレーetcは拝むこともできず)
朝食は湯豆腐鍋、オムレツ+サバ西京焼き+昆布佃煮3点盛、大根竹の子さつま揚げの煮物、筑前煮小鉢、サラミ載せサラダ、納豆、漬物と梅干2個小皿、オレンジとグレープフルーツ各2切れ。バイキング無。各自装うのはご飯、みそ汁、牛乳、コーヒー、パン、マーガリンとジャムのみ。
初おおるりでおおるりらしさ全く体験できず。伊藤園、大江戸温泉物語がほぼ閉鎖状態で何とか一部営業を続けているのがおおるりのみ(それで仕方なく行ってみました)多分今だけの特別対応なのでしょうが、折角なので行ってみてはwww。あとベランダに一応仕切りが出来てました。
Posted by at 2021年01月25日 06:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサードリンク