スポンサードリンク

2019年06月21日

ホテル南海荘 夕食バイキング【サザエ&帆立&海鮮丼食い放題(^^♪1泊2食7,194円〜】

IMG_3882.JPG

サザエや帆立食い放題の海鮮バイキングが魅力のホテル南海荘の夕食バイキングをレポートします。全種類の料理を写真に収めたつもりですが、欠けがある場合ご了承ください。1泊2食7,194円〜。夕食6:00〜7:30まで。

IMG_4073.JPG

バイキング会場入り口。


IMG_4013.JPG

会場は十分な広さがある。

IMG_3931.JPG

本日の地魚わらさ。なめろう。

IMG_3937.JPG

IMG_3941.JPG

サラダ、ドレッシング、新玉葱の煮物、大根甘酢漬け、たまねぎの蒸し焼き。

IMG_4065.JPG

セルフで作る寿司、海鮮丼。

IMG_3983.JPG

海鮮丼の具。純粋に刺身としても利用可。鮪、サーモン、イカ、鮪のたたき、とびっこなど。


IMG_4002.JPG

サザエ釜めし。

IMG_3955.JPG

餡かけ中華麺。

IMG_3953.JPG

ビーフシチュー。

IMG_3957.JPG

中華まん、グラタン。

IMG_3959.JPG

ピラフ、サザエ&赤西貝コラボカレー。

IMG_3960.JPG


ライブキッチン。

IMG_3984.JPG

天ぷら。海老、オクラ、タラの芽、レンコン。

IMG_3979.JPG

ステーキ。

IMG_3935.JPG

セルフで作る浜焼き料理。サザエ、蛤、海老、ホタテ。



IMG_3965.JPG

セルフで作る鍋焼き料理。豚肉、もやし、玉葱。

IMG_3968.JPG

枝豆、油淋鶏など。

IMG_3972.JPG

ローストポーク。

IMG_3973.JPG

揚げシュウマイ。

IMG_4021.JPG

おろし狸蕎麦。

IMG_3995.JPG

かきたま汁、漬物、御飯。



デザート


IMG_3992.JPG

かき氷。

IMG_3990.JPG

チョコファウンテン。

IMG_3950.JPG

ソフトクリーム。

IMG_3944.JPG

杏仁豆腐、カスタードプリン、マンゴープリン。

IMG_3947.JPG

プチケーキ。チョコレート、レモン、チーズケーキ、フランボワーズ。

IMG_3949.JPG

ライチ、パイナップル。




ドリンク


IMG_4024.JPG

ジュース。

IMG_4055.JPG


茶、水、湯、アイスコーヒー、ホットコーヒー。



IMG_4030.JPG

酒類メニュー。

IMG_4053.JPG

ほどなくして会場もヒートアップ。


IMG_4025

こんな感じに盛りました。

IMG_4038.JPG

サザエは焼きやすいようにあらかじめ身の内部が切られている。

IMG_4056.JPG

こんなにサザエを食べたのは生まれて初めての経験。

IMG_4022.JPG

わらさとなめろう。鮮度がいい。


IMG_4046.JPG

セルフの豚鍋。

IMG_4044.JPG

ステーキ。


IMG_4032.JPG

釜めしも炊けてきた。


IMG_4009.JPG

オーシャンビューの夕焼けが綺麗。


ホテル南海荘 宿泊レポート⇒こちら
ホテル南海荘 大浴場レポート⇒こちら
ホテル南海荘 朝食バイキングレポート⇒こちら


総論:口コミ評価が高いのである程度のクオリティーは予想していたけど、想像以上の内容。この宿泊価格でサザエ食べ放題には驚いた。刺身は海鮮丼コーナーにもあるし、海鮮類が豊富で自分で作る海鮮丼も楽しい。セルフの鍋、セルフの網焼きも楽しめる。
サザエは焼きやすいように貝の中に切った身が入っていてとても食べやすい。サザエのつぼ焼きだと時間もかかるうえ、食べるのにグロテスクさが伴うのだが、このサザエならいくらでも直火で簡単に食べられる。利用者側に立ったホテルの配慮に拍手。今までこれほどの量のサザエを食べたのは生まれて初めて。サザエの食べ放題だけでも宿泊した価値があるというもの。



総合:★★★★★ 改めて見返してみると、思った以上に種類があったことに驚く。1泊2食7,194円〜という格安価格を考慮して1つプラスですね
品数:★★★★☆ 多い
品質:★★★★☆ 海鮮類が新鮮で、料理のバラエティーも豊富







posted by バイキング馬鹿一代 at 18:00| Comment(1) | 千葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サザエ食い放題うらやましい!
Posted by at 2019年06月23日 11:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサードリンク