スポンサードリンク

2019年03月10日

富士松天望レストラン ランチバイキング【絶景の富士山を見ながらバイキング!1500円なり】

IMG_0873.JPG

静岡県御殿場市にある富士松天望レストランってドライブ中にちょくちょく目に入っていて一度そこのバイキングを利用してみたいと思っていたんですよね。今回念願が叶って利用してきました。大人1500円です。


営業時間
レストラン 11:00〜16:00
ランチバイキング 11:00〜14:30 1,500(大人)/¥750円(3〜5歳)
売店 10:00〜16:00
定休日 なし
席数 100席
全席禁煙


IMG_0885.JPG

IMG_0883.JPG

富士山展望遺産に認定されているだけあって富士山の絶景を拝める。晴れていればの話だけど。


IMG_0880.JPG

入口。


IMG_0990.JPG


富士松展望レストランメニュー。 ランチバイキング1500円。


IMG_0942.JPG

IMG_0945.JPG

1階テーブル。

IMG_0944.JPG

窓の外は富士山。晴れた日にはだけど。


IMG_0949.JPG

IMG_0948.JPG

2階テーブル。2階も選べるけど1階に料理が置かれているので、バイキング利用なら1階を選択したほうが良い。


IMG_0899.JPG

入口入ってすぐにバイキング料理が並んでいる。

焼きそば、上海焼きそば。ん?中国表記? つーか、看板逆じゃねえの。上海焼きそばは日本人が名付けた名前だから中国名は炒麺の表記になっているのが笑える。

中国表記で予想した通りここは中国人ツアー団体のランチでよく利用されているレストランですね。ほどなくして1階は中国人の団体で埋め尽くされた。


IMG_0901.JPG

肉じゃが。

IMG_0908.JPG


魚の蒸し物、イカゲソフライ、肉団子。

IMG_0910.JPG

アサリの酒蒸し、鯖の塩焼き、おでん。アサリは中国人に人気だった。

IMG_0919.JPG

うどん。


IMG_0924.JPG

野菜炒め、手羽先、鶏のから揚げ、揚げ出し豆腐。


IMG_0965.JPG

カレー、御飯。

IMG_0968.JPG

ふりかけ。

IMG_0930.JPG

コーンスープ。


IMG_0952.JPG

冷しゃぶ、ラー油、スィートチリソース。


IMG_0954.JPG

IMG_0956.JPG

IMG_0959.JPG

漬物、ザーサイ、シナチク、柚子大根おろし、厚焼き玉子など。


IMG_0894.JPG

サラダ、温泉玉子、わらび餅、ポテトサラダ、フルーツカクテル、プチシュークリーム。

IMG_0892.JPG

えびせん。


IMG_0940.JPG

コーヒー、紅茶、アップルジュース、烏龍茶。



IMG_0945.JPG

嵐の前の静けさ。この後中国人の団体がどっと押し寄せてくる。


IMG_0970.JPG

IMG_0985.JPG

こんな感じに盛りました。

IMG_0975.JPG

ふりかけも豊富。


総論:ドライブしていると、周りに何もないのに唐突に出現する富士松天望レストラン。

今まで気になって仕方なかったのだが、今回利用してその内容が分かりストレスから解放された。ランチバイキング1500円。田舎道路の途上に突然出現して陸の孤島にあるので、それほど内容に期待できないと思ったわけだが、ある意味予想通りの内容でしたね。内容としてはビジネスホテルの朝食バイキングに毛が生えた感じ。晴れた日には富士山を見ながらバイキングを堪能できるので少々値が張るのはいたしかたない。

おすすめ料理は手羽先と肉じゃが。肉じゃがの肉はすぐになくなるので注意。補充に関してですが、スタッフも多いため、無くなった料理の補充は真面目な印象でしたね。ここは海外の団体ツアーのメッカとなっているので、団体客の喧騒は覚悟をしておいたほうがいいです。

総合:★★★☆☆ 御殿場のこの場所でバイキングというのは希少価値がある。並んでいる料理の内容ですが1500円にしてはチープな印象。開始時間には滅茶苦茶すいていたけど、ほどなくして中国人の団体ツアー客で埋め尽くされた。というわけで、並んでいる料理は中国人の趣向を反映している気がしてならなかった。日本人客だけではとうの昔に廃業していたかもしれないことを考えると、中国人観光客が様々な場所で日本の飲食業を救っている気がしますな
品数:★★★☆☆ 1500円にしては物足りない
品質:★★☆☆☆ 目玉料理に乏しい


posted by バイキング馬鹿一代 at 23:05| Comment(0) | 静岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサードリンク