スポンサードリンク

2018年02月18日

キングアンバサダーホテル熊谷 夕食バイキング【熊谷を代表する豪華バイキングの実力はいかに?(´・ω・`)2800円なり】

IMG_2803.JPG

熊谷でバイキングの検索をかけると真っ先に出てくるのがキングアンバサダーホテル熊谷のレストランサーフ&ターフで開催されているコンフォートブッフェ。このホテルは、バイキングに力を入れていて、朝食バイキング、ランチバイキング、ディナーバイキングが毎日開催されている。ディナーは2800円とやや高めな設定になっているので利用に躊躇したが、宿泊者は2300円利用できるし、朝食バイキングの評価が非常に高いのでものは試しと利用してきました。

通常2800円。学割2000円。宿泊者2300円。17:00〜20:00ラストオーダー。


IMG_2865.JPG

ホテル内にあったチラシにドリンクバー無料券があったので早速利用した。

IMG_2862.JPG

IMG_2903.JPG

一番乗り。

IMG_2899.JPG

中央に料理が並んでいる。


IMG_2867.JPG

グラタン、茶碗蒸し。

IMG_2868.JPG

すき焼き、鯖。

IMG_2869.JPG

天ぷら、寿司。

IMG_2892.JPG

かにかまぼこ、ちくわ、つみれ、レンコン。

IMG_2870.JPG

ビビンパ、野沢菜の漬物、季節ものの浅漬け。

IMG_2871.JPG

まるかじり野菜、野菜のムースほか。

IMG_2872.JPG

カマンベールチーズ、サラダ、生ハム。

IMG_2873.JPG

シーザーサラダ。

IMG_2874.JPG

牛ほほ肉のワイン煮、ローストビーフ。保温が必要なものはちゃんと温められている。そういった配慮が至る所に見られる。

IMG_2875.JPG

広島産カキフライ、オニオンリング、鶏のから揚げ。

IMG_2876.JPG

煮物。

IMG_2878.JPG

シュウマイ。

IMG_2880.JPG

IMG_2879.JPG

パン。

IMG_2882.JPG

赤飯、白米。

IMG_2883.JPG

カレー。

IMG_2900.JPG

チヂミ、カツサンド。

IMG_2897.JPG

ちらし寿司。

IMG_2888.JPG

味噌汁。

デザート


IMG_2885.JPG

団子。

IMG_2884.JPG

ケーキ。

IMG_2889.JPG

アイスクリーム。黒ゴマ、バナナ、ストロベリー、キャラメルクッキー、バニラ、ベルギーチョコレート。

IMG_2890.JPG

ゼリー、プリン。

IMG_2891.JPG

みかん、りんご、パイナップル。



ドリンク


IMG_2893.JPG

コーヒー。

IMG_2886.JPG

ドリップコーヒー、コンスープ、水、お湯。

IMG_2887.JPG

ジュース。

IMG_2895.JPG

こんな感じで盛りました。

IMG_2901.JPG

ローストビーフは目玉。

IMG_2905.JPG

カレーは飲み物です。

IMG_2907.JPG

アイスクリームは癖になるおいしさ。

キングアンバサダーホテル熊谷 宿泊レポート⇒こちら
キングアンバサダーホテル熊谷 ランチバイキングレポート⇒こちら
キングアンバサダーホテル熊谷 朝食バイキングレポート⇒こちら



総論:17:00開始から利用したが、4人程度の利用者しか出会わなかった。ピーク時には客も増えるんだろうけど、それにしても利用者数の割には料理の種類が多い。手間暇かけて作られた料理が少量づつだが豊富に並んでいるので相当なコストがかかっていると推察される。流石に熊谷を代表するだけのバイキングなだけあって、種類もクオリティーも申し分ない内容となっています。

驚いたのはランチバイキングが1400円だからおそらく朝食もディナーの半額程度の価格設定かランチ以下の価格設定になっているはずだが、ディナーに引けを取らない内容だったのに驚愕した。いやむしろ朝食の方が充実していると言える。流石にじゃらんの朝食評価で4.7を獲得しているだけありますね。ディナーも質が高かったんだけど、価格を考慮して★4にしましたよ。朝食は★5。普通のビジネスホテルの朝食バイキングでは日本有数だと思います。



総合:★★★★☆ 種類が多いし、クオリティーも高い。チャペルを併設しているホテルのバイキングはクオリティー高い傾向にある
品数:★★★★☆ 多い
品質:★★★★☆ 手間暇かけた料理が並ぶ





posted by バイキング馬鹿一代 at 17:03| Comment(0) | 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサードリンク