スポンサードリンク

2017年08月06日

伊東園ホテル稲取 朝食バイキング【ベーグル&海鮮丼食い放題( ^)o(^ )1泊朝食付き4,800円(税別)〜】

IMG_0334.JPG


東伊豆町にある静岡県伊東園ホテル稲取の朝食バイキングを紹介します。2食付きしか興味なかったので今まで気が付かなかったのですが、調べてみると1泊朝食付き4,800円(税別)〜と朝食付きの宿泊価格もかなりの安さですね。

朝食バイキングは、7:00〜9:00まで。


IMG_0282.JPG

会場一番乗り!朝食は自由席です。

IMG_0287.JPG

スクランブルエッグ。伊東園系列のスクランブルエッグはパサパサしているのが特徴。

IMG_0286.JPG

IMG_0283.JPG

昆布煮、金時豆。豆、昆布類。

IMG_0284.JPG

味付け海苔。

IMG_0285.JPG

タコ山葵、イカの塩辛。

IMG_0288.JPG

フライドポテト。

IMG_0289.JPG

厚焼き玉子。

IMG_0290.JPG

ウインナー、キャベツ。

IMG_0291.JPG

ほうれん草とベーコン炒め。

IMG_0292.JPG

シュウマイ。

IMG_0293.JPG

冷奴。

IMG_0294.JPG

こんにゃくピリ辛炒め、筑前煮。

IMG_0295.JPG

切り干し大根、山菜。

IMG_0296.JPG

ひじき、オクラ花かつお和え。

IMG_0297.JPG

ロースハム、かまぼこ。

IMG_0298.JPG

納豆、わさび漬け、海苔の佃煮。

IMG_0300.JPG

きびなご。

IMG_0301.JPG

アジの干物。

IMG_0304.JPG

ねぎとろ、明太子。

IMG_0305.JPG

サーモン、イカそうめん。海鮮丼が作れますね。

IMG_0312.JPG

IMG_0311.JPG

サラダ。

IMG_0310.JPG

ドレッシング。

IMG_0313.JPG

漬物。

IMG_0315.JPG

ライブキッチン。

IMG_0322.JPG

上海塩焼きそばを作っていた。

IMG_0321.JPG

しじみの味噌汁。具沢山にできる。

IMG_0320.JPG

うどん。

IMG_0316.JPG

コーンスープ。

IMG_0317.JPG

おかゆ、ごはん。夕食におかゆがあったのか、写真でも確認できず記憶が曖昧なのですが、朝食にあるということは、夕食にも当然あったのでしょうね。

IMG_0318.JPG

朝カレー。

IMG_0314.JPG

パン。

IMG_0323.JPG

ベーグル。これが伊東園ホテルにあると必ずと言っていいほど朝食が充実しているんですよね。朝食のクオリティーの証という感じです。


デザート

IMG_0306.JPG

ヨーグルト、フルーツミックス。

IMG_0307.JPG

グレープフルーツ、コーンフレーク。

IMG_0308.JPG

杏仁豆腐。


ドリンク


IMG_0208.JPG

ジュースサーバー。

IMG_0207.JPG

フローズンドリンク、水。

IMG_0206.JPG

緑茶、アイスコーヒー、水。

IMG_0309.JPG

牛乳。



IMG_0325.JPG

こんな感じで盛りました。

IMG_0327.JPG

上海焼きそばも美味しい。

IMG_0331.JPG

海鮮丼食べ放題。

IMG_0332.JPG

朝カレー。

IMG_0333.JPG

コーンスープにはコーンを入れると美味さが引き立つ。



伊東園ホテル稲取 夕食バイキングレポート⇒こちら
伊東園ホテル稲取 大浴場レポート⇒こちら
伊東園ホテル稲取 宿泊レポート⇒こちら
伊東園ホテル稲取 1度目の宿泊レポート⇒こちら
伊東園ホテル稲取 公式ページ⇒こちら





総論:伊東園ホテル系列のホテルの朝食バイキングにベーグルがあるとそれは、高いクオリティーの証。朝から海鮮類が食い放題というのはなかなかの内容(朝の海鮮丼祭り開催中だったからだけど)。料理ものは少なかったけど、ライブキッチンの塩焼きそばはなかなかの美味さだった。残念なのはデザートが弱いかな。一泊2食付き+酒飲み放題付6800円もいいけど、一泊朝食付き4800円もコスパが高いですね。

私的に伊東園系列ホテルに慣らされているから感覚がマヒしているけど、よく考えると観光ホテルの一泊朝食付き4800円でこの朝食の内容というのも常識から考えてある意味凄いですね。


総合:★★★☆☆ 明太子、海鮮丼、ベーグルが食い放題
品数:★★★☆☆ 若干少ないかな
品質:★★★☆☆ 悪くはないが、料理ものが少ない印象





posted by バイキング馬鹿一代 at 09:31| Comment(0) | 静岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサードリンク