スポンサードリンク

2017年07月20日

ファミテック明神 夕食バイキング【寿司食い放題(^^♪1泊2食バイキング付きで5,092円〜】

IMG_9235.JPG

廃墟マニアに有名なファミテック明神という場所が日光にあるんですが、そこはスポーツ合宿や社会人の研修がメインの施設でして、もちろん一般人も宿泊できます。この場所を心〇スポットとか廃墟としか認知していない人も結構多いと思いますよ・・・。非常にもったいない話です。まぁ確かにいろいろと廃墟な部分はあるんですが、宿泊施設としては申し分ない感じでしたよ。サウナ付き大浴場を備え、1泊2食バイキング付きで5,092円〜とコスパが非常に高いのも驚き。

合宿や研修がメインの施設ということで、場合によってはバイキングではなくお膳料理という事もあるそうで、今回はバイキングを利用するため、合宿利用者の多い土曜宿泊にしました。合宿利用者がバイキング会場に殺到したため、滅茶苦茶混んでいたという苦情の口コミも結構あるけど、まぁ、仕方あるまい。

どうやら本日の夕食はバイキングの模様。ほっと一安心。

さて、その内容が気になります。


IMG_9430.JPG

会場に一番乗り。



IMG_9336.JPG

窓際に座るとブルジョアな風景を楽しみながら食事ができる。

IMG_9433.JPG

並んでいる料理は結構多い。感じのいいおばちゃんがスタッフ。

IMG_9407.JPG

サラダ。

IMG_9412.JPG

味付けサラダ。



IMG_9408.JPG

コロッケ、チヂミ。

IMG_9434.JPG

コロッケの具はハムと玉子。

IMG_9410.JPG

ナスやピーマンの炒め物。盛られている量が少ない。日によっては、団体客がバイキング会場に殺到しているはずなんだけど、それほど利用者がいない。今日はラッキーかもしれない。

IMG_9411.JPG

フライドポテト、タコ焼き。

IMG_9413.JPG

タコ。

IMG_9414.JPG

ハンバーグ。

IMG_9415.JPG

IMG_9416.JPG

漬物。

IMG_9417.JPG

シュウマイとギョーザ。

IMG_9418.JPG

IMG_9419.JPG

IMG_9439.JPG

寿司。マグロ、おいなりさん、サーモン、えんがわなど。

IMG_9420.JPG

麻婆豆腐。

IMG_9421.JPG

酢豚。

IMG_9422.JPG

ぜんまい、ニンジン、湯葉。

IMG_9423.JPG

竹の子、秋刀魚。

IMG_9424.JPG

手作り豆腐。

IMG_9425.JPG

御飯。枝豆御飯もあり。

IMG_9435.JPG

刺身。

IMG_9437.JPG

豚肉、鶏肉。

IMG_9406.JPG

IMG_9432.JPG

IMG_9317.JPG

IMG_9318.JPG

ドリンク。

IMG_9426.JPG

こんな感じで盛りました。

IMG_9427.JPG

味噌汁が豪華ですわ。

IMG_9438.JPG

生姜焼きも美味い。

IMG_9440.JPG

湯葉と手作り豆腐もおすすめ。

体験村ホテル ファミテック明神 宿泊レポート⇒こちら
体験村ホテル ファミテック明神 朝食バイキングレポート⇒こちら
体験村ホテル ファミテック明神 公式ページ⇒こちら



総論:宿泊価格が安いのにこの夕食バイキングの充実度はどうだ。心配した団体客による大混雑もなく、快適な食事を堪能できたのは好印象。当日のように夕食利用者がそれほどいなくてもバイキングが実施されるなら、このホテルではかなりの可能性でバイキングを実施しているとみていいですね。なかにはバイキングをうたっていてもほとんど実施されていないホテルがあるなか良心的。

料理の味付けも美味しいし、料理はバラエティーに富んでいる。刺身はマグロの鮮度が少し気になったけど、問題点があればそれぐらいかなぁ。廃墟や心〇スポットとして有名なファミテックなんだけど、それ以外の部分でも光が当たるべきだと思いますよ。このホテルは、正直口コミ評価がかなり低いんだけど、かなりコスパが高い。口コミは絶対ではない。参考程度だという事の証左ですね。

総合:★★★★☆ 期待以上。種類も多くて美味しい料理が並ぶ。ただし、皿に盛られているので料理が冷めている
品数:★★★☆☆ この宿泊値段では頑張っている。
品質:★★★☆☆ 寿司がメインといった感じだけど、手作り豆腐とか生姜焼きなど光る料理がいくつかある

posted by バイキング馬鹿一代 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサードリンク