2016年04月09日

アート・アーカイブス【山梨県立美術館の中のカフェレストラン。サラダとスープはバイキング】

IMG_8671.JPG

山梨県立美術館の中のカフェレストラン、アート・アーカイブスに行ってきました。サラダとスープは食べ放題。美術館にあるレストランでこれは珍しいということで期待が高まります。何を隠そう。わたくし、アートも食べ放題も両方好きなんですよ。


IMG_8666.JPG


IMG_8709.JPG


IMG_8667.JPG

流石美術館なだけのことはある。景観に無駄がない。いいですよ。こんな雰囲気で食事なんて最高じゃないですか。

IMG_8668.JPG

広大な芝生にグロテスクなリンゴ。人が根本的に感じるぶつぶつが怖い。穴が密集している状態を極端に恐れる「トライポフォビア」。それを無機質で止揚させた凄い芸術を発見した。
言い換えるなら、揚棄、アウフヘーベン、aufheben。なんだこれは!!! この芸術作品の到達した、グロテスクと人間の五感を麻痺させる不思議な感覚にしばし言葉を失う。

これは何だ????!!!!!

IMG_8682.JPG

気持ち悪いのに、気持ち悪くない。

IMG_8680.JPG

穴が密集している状態を極端に恐れる「トライポフォビア」。

IMG_8683.JPG

もしかして、それは無機質によって、昇華されえる新たな芸術の地平なのかもしれない。と、リンゴを見て感じた。

IMG_8684.JPG


やはり美術館なだけあって、美が至る所にあふれているわ。

IMG_8669.JPG

なにこれ?

IMG_8677.JPG

ハトに比べて少しは美を感じる。

IMG_8672.JPG

レストランのランチは11:00から。

入口は美術館内部からと外からの2つ。

IMG_8674.JPG

内部からだと。
うーんアート。アァ・・・。感じる。感じるわ。この美術館を設計した人センスありすぎ。


IMG_8685.JPG

つーか、ランチタイムの11:00になったので外から入ろうっと。休日なのに1人もいないわ。

IMG_8686.JPG

アァ・・。感じる。センスいいわこのレストラン。

IMG_8706.JPG

飾りにアートの本を飾っているけど、正直思うけど誰も読まねえだろうなあと・・・。

IMG_8687.JPG


サラダとスープのバイキングを利用するには注文を免れない。案の定、高い料理が並んでいる。ワイン豚の鉄板焼き1100円を選択。


IMG_8689.JPG

注文を終えた瞬間、野菜バイキングがある場所に5秒でたどり着いた。俺以外に誰もいないけど。誰もいないから凄い目立つ。ここって、客そんなにいない(いなかった)けど、スタッフが大勢いるんですよね。

「おかわりは自由ですが、皿は1人一皿」とな。まあいい。

IMG_8690.JPG

レタス。凄い新鮮なのがわかる。

IMG_8691.JPG

IMG_8692.JPG

こいつらも新鮮。こいつらってw

IMG_8693.JPG


野菜ドレッシングは、青じそドレッシングとごまを選択できる。

IMG_8694.JPG

スープ。あまりおいしくなかったので、正直どうでもいい。

IMG_8695.JPG

野菜の新鮮味と、クオリティーが他と格段に違うので何かあると思ったら、ハイジの野菜だったんですね。だから何だとよくわからんけどw とにかく、クオリティー高い野菜なのがわかる。


IMG_8698.JPG

水はポッドで、そそぎ放題なのがいい

IMG_8699.JPG

野菜は市販の野菜より数段美味いです^^。


IMG_8700.JPG

美術品飾ってます。さすが、美術館のレストラン。



IMG_8701.JPG


IMG_8702.JPG

ワイン豚の鉄板焼き1100円。高いけど美味い。

IMG_8703.JPG

上質なサラダ食い放題。肉にサラダ。バランスが取れています。



総論:ハイジの野菜だそうで、食べてみたらこれが美味いのなんのって。クオリティーが抜群な野菜バイキングって非常に魅力的です。ランチで1品注文すればスープと野菜が食べ放題飲み放題というのもなかなかのサービスですね。よく見ないで注文したのですが、ランチの野菜とスープ食べ放題が付く料理の最安値はカレーみたいです。ここのレストランはメインメニューよりも、食べ放題の野菜が最大の魅力だと思います^^ 客少ないし、アートな感じなので穴場なレストランですね。


総合:★★★★☆ うーんアート。注文した料理は美味しいし、野菜はヤバいレベル
品数:★☆☆☆☆ 少ない。増やしてほしい
品質:★★★★☆ ハイジの野菜が新鮮すぎる


山梨県甲府市貢川1丁目4−27



posted by バイキング馬鹿一代 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 山梨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


にほんブログ村


人気ブログランキングへ