スポンサードリンク

2015年06月02日

こんにゃくパークの無料バイキング【いまだに信じられん!これが無料とは・・・入場料も無料だよ!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶】

IMG_9074.JPG

群馬県のこんにゃくパーク。こんにゃくが食い放題だというのは、ニュースで聞いて知っていたのですが、驚くべきはその種類。こんにゃくだけでこんなにバラエティー溢れる料理が楽しめるとは。しかも無料。いくら食べても無料。こんにゃくだからいくら食べてもカロリーは気にならない。

(o^o^o) ここは何処ですか?

( ^・ェ・^)/ はい。食い放題でも太る心配がない。しかも無料で食べ放題のバイキング天国です。

(o^o^o) 入場料は高いんでしょ?

( ^・ェ・^)/ はい。入場料はいただきません。

(o^o^o) オーマイ ガッデム!嘘のよう・・・。


夢なのか幻なのか。狐に包まれるようにして、無料バイキングゲートをくぐった。

IMG_9077.JPG


IMG_9078.JPG

バイキング会場には長蛇の列。なかなか先に進まないのでイライラする。土曜の12時近く。まさに繁盛タイム。でも超混雑でも、会場が広いので席には空きが沢山ある。料理を皿に盛って座れなくなることはなさそうなので一安心。

IMG_9079.JPG

こんにゃく料理を作っている様子がガラス張り。

IMG_9080.JPG

スタート位置に付いた。左方向に広がるは無限のこんにゃく料理群。1皿なんか取っていては全部のこんにゃく料理をその小さなキャンバスに描くことは不可能だ。料理が盛りきれなくなり再度、この列に並ぶとなると席に座るは30分後、いや1時間後か・・・。これは余りにも愚策の極み。

ここは安全策を取って、2皿を所持。これなら少量ずつこんにゃく料理を盛れる。2皿所持の戦法なんだけど、2皿を処理するのにいささかテクニックを要した。要するに両手に皿を持つスタイルじゃ、料理を盛るトングを手にすることはできない。だから、常時皿をテーブルに擦り付けながら、盛り、常時皿をテーブルに擦り付けながら、盛り移動する。かっこ悪いが、私の次に並んでいるのが家族連れなのが幸いした。

子供がどの料理を盛ろうかで、もたつく。というわけで、盛り付けは余裕でしたね。こんにゃく料理の列は、個人用と団体用に分かれていて、団体用は団体客なんでしょう。この日は団体客がそんなに来てなかったから、そっちは空いていた。まぁ団体が押し寄せれば、今ある席も満席になっちゃうんだろうけど。



IMG_9083.JPG

期間限定こんにゃく。うどんこんにゃくです。

IMG_9084.JPG

キムチはいってる。

IMG_9085.JPG

こんにゃくの唐揚げ?なんでもありだな。相性あんまりよくないという感想だけど。こんにゃくほどカロリーの低い食材に油を絡めちゃもったいないでしょ。

IMG_9086.JPG

ごぼうとこんにゃくのキンピラ。美味い。

IMG_9087.JPG

3色こんにゃく。

IMG_9088.JPG

こんにゃくの酢豚煮風。

IMG_9089.JPG

カレーこんにゃく。カレーが美味い。

IMG_9090.JPG

油揚げとこんにゃくの煮物。

IMG_9091.JPG

こんにゃく焼きそば。これ美味いわ。再度あの行列にならぶ気力がなくて断念したけど、お代わりしたかった。



行列から離れて、セルフで利用できるバイキングコーナーがあります。
利用者が、お代わりといったらここですね。上に紹介した料理のお代わりのために、あの長蛇の行列に再度並ぶ人はほとんどいないでしょう。


IMG_9092.JPG

玉こんにゃく。

IMG_9093.JPG

こんにゃく風マカロニサラダ。

IMG_9094.JPG

冷やし中華こんにゃく醤油。

IMG_9095.JPG

刺身こんにゃく。

IMG_9096.JPG

レバ刺風こんにゃく。まんまじゃんw

IMG_9097.JPG

寒天ゼリーもあります。

IMG_9098.JPG

こんにゃくマンゴープリン。専用スプーンで滅茶苦茶すくいずらい・・・。

IMG_9099.JPG

デザートはこれ。



IMG_9101.JPG


IMG_9100.JPG

こうして見ると立派なバイキング料理ですな(笑)。キムチとか焼き蕎麦とかがフェイクに見えない。

IMG_9103.JPG

こんにゃくラーメンも美味かった。

総論:凄過ぎる!これ全部無料ですよ。しかも入場料が無料なので、オール無料。でもそこは日本人。無料のバイキング会場でおなかいっぱいになった人たちは感謝の心で、こんにゃくグッズ売り場のこんにゃくをたんまり買っていたようです(たぶん・・・)。こういうのはギブアンドテイクなわけだから利用者も還元を心しているんでしょう(と信じたい)。

企業側も性善説まずありきなんでしょうね。無料でいくらでも提供するから、気に入ったらお土産買ってね!と。そういうフレンドリーで、気持ちのいい姿勢って尊敬に値すると思います。このバイキング超絶好きだわ。究極のヘルシーバイキングだし、無料だし。一言で素晴らしい!

こんにゃくパーク施設レポート⇒こちら

総合:★★★★★手(チョキ)
品数:★★★★☆
品質:★★★☆☆








" height="300" frameborder="0" style="border:0">











posted by バイキング馬鹿一代 at 19:23| 群馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサードリンク