スポンサードリンク

2018年06月20日

大江戸温泉物語 鹿教湯桜館&藤館 夕食バイキング【1泊2食6,111円〜(^^♪超レアな信州牛ステーキ食い放題!】

IMG_0914.JPG


大江戸温泉物語 鹿教湯桜館に宿泊したのですが、夕食のバイキング会場は300メートルほど離れた距離にある大江戸温泉物語 鹿教湯藤館。桜館の客と藤館の客は一緒に同じバイキング料理を食べることになります。桜館から藤館への移動はマイクロバスで行っているほか、歩いても行くこともできるのですが、かなりの急坂があるので素直にマイクロバスを利用したほうがいいですね。桜館と藤館の客は両方の大浴場を無料で利用できるので、桜館の客は食事がてら入浴というのもアリだと思いますよ。


IMG_0986.JPG

バトルフィールドの門が開いた。戦闘開始!

IMG_0950.JPG

まぐろ、かじき、甘海老、漬けマグロ。

IMG_0983.JPG

見るからに美味しそうな色艶のある鮪。


IMG_0991.JPG

寿司。鮪、鯛、海老、イクラ。



IMG_0949.JPG

サラダ。パイナップル、ライチ、オレンジもある。

IMG_0984.JPG

現在開催中の春の料理フェア。春野菜のてんぷらが用意されている。

IMG_0955.JPG

カレー、長野県産コシヒカリ、タケノコご飯、

IMG_0956.JPG

具沢山味噌汁、茶碗蒸し。


IMG_0958.JPG

漬物各種、蕎麦。

IMG_0961.JPG

蒸し鶏ナポリソース。

IMG_0962.JPG

アサリと山菜の酢味噌和え、アジの南蛮漬け。

IMG_0963.JPG

帆立と貝柱マリネ。

IMG_0964.JPG

焼きタケノコ、チヂミ。

IMG_0965.JPG

山賊揚げ、アジの塩焼き。

IMG_0966.JPG

わさび餃子。

IMG_0968.JPG

シュウマイ。

IMG_0972.JPG

パスタ、豚バラ野菜炒め。

IMG_0974.JPG

グラタン、煮物。

IMG_0975.JPG

鶏のつみれだと思う。

IMG_0979.JPG

エビフライ、春巻き。

IMG_0953.JPG

ライブキッチンの信州牛ステーキ。

IMG_0998.JPG

超レアな焼き加減が絶妙な美味さを醸し出している。



デザート



IMG_0978.JPG


プリン、ババロア、プチケーキ、寒天、大福もち。

IMG_0977.JPG

アイスクリーム。

ドリンク

IMG_0980.JPG

お茶。

IMG_0981.JPG

ジュースサーバー、烏龍茶、氷。

IMG_0982.JPG

コーヒー。

IMG_0959.JPG

料理が直線的に配置されているので長い行列ができている。補充に多少難あり。

IMG_0960.JPG


IMG_0995.JPG

酒の飲み放題あり。いいふろ会員だと1600円で利用できる。

IMG_0990.JPG

別注料理。

IMG_0988.JPG

IMG_0987.JPG

こんな感じで盛りました。

IMG_0993.JPG

寿司のネタが良いのが大江戸温泉物語。

IMG_0996.JPG

信州牛のステーキが美味くて何度もお代わり。


IMG_0999.JPG

食後のデザート。

大江戸温泉物語 鹿教湯桜館 宿泊レポート⇒こちら
大江戸温泉物語 鹿教湯桜館&藤館 朝食バイキングレポート⇒こちら
大江戸温泉物語 鹿教湯桜館 大浴場レポート⇒こちら
大江戸温泉物語 鹿教湯藤館 レポート⇒こちら
大江戸温泉物語 鹿教湯藤館 大浴場レポート⇒こちら





総論:大江戸温泉物語 鹿教湯藤館と桜館宿泊者共通のバイキング。宿泊価格が安いにも関わらず、ステーキに刺身に寿司にと豪華料理が並んでいて流石大江戸温泉物語という印象。利用者に比べて会場が狭いため、バイキング料理が直線的に並んでいるため行列が絶えない。補充に手間取るけどじきに空いてくる。系列でそれほど種類があるとは言えないけど、内容の濃いバイキングですね。脂の乗ったマグロの刺身と鯛の寿司、信州牛のステーキが当日の目玉でした。

総合:★★★★☆ 大江戸温泉物語クオリティーのバイキング。系列では平均レベルの内容。宿泊価格も安いしコストパフォーマンス高め
品数:★★★☆☆ そこそこある。置き場所が限られていて直線に並んでいるので行列ができて補充がままならない状態になることも
品質:★★★★☆ 海鮮類が新鮮。春の料理フェアは創作料理に乏しい印象





posted by バイキング馬鹿一代 at 17:32| Comment(0) | 長野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサードリンク